面倒で、手間がかかり、予想したより料金がかかるのが、引越

レンタカー,格安,予約,引越,引っ越し,引越し

思いのほか高額なのに、せざるを得ないこと。
それが引越です。
トラックやバンなどをレンタカーなどで借りて、自分達だけで済ませることもできるでしょう。
しかし、それにしたってお金はかかります。
しかも、ベッドや冷蔵庫など、重いものは一人で運べないから、友人などを応援に呼ぶことになるでしょう。
手伝ってくれた友人には、何かお礼もしなければならないでしょう。
一般的にはやっぱり、引っ越しは引っ越し業者に依頼することが多いですね。
そうなると、気になってくるのが価格です。
引越し業者さんは、どこが一番安いのか?
その気になる料金を、一括比較できるサービスがあります。
引越金額の一括見積サービスなら、一回の依頼申し込みで複数の引越業者の見積もり価格が分かります。
最もおトクな引越会社がかんたんに分かるので、引っ越し価格を節約できる、便利なサービスです。

無料一括見積り比較で、引越し費用が最も安いトコロをを探す!

引越し侍

引越し侍

日本全国230社以上にも及ぶ引越業者が加入している、一括見積もりサービス。
最大10業者へ一括見積を依頼できます。
最高と最低の金額差が50%差ができることも!
さらに、引越希望日を指定して引っ越しの値段を比較する事も可能です
「引越手続きガイドブック」やキャッシュバックのプレゼント等、お得で役立つ特典キャンペーンも時期によって実行しているので、チェックしてみませんか?
引越し侍・予定日で比較
引越し侍で安く引越

↑↑↑↑↑
引越しの希望日が決定しているならコチラ!
人気の上位会社に予約☆

引越し侍・じっくり比較
引越し侍でじっくり比較

↑↑↑↑↑
じっくり最大で10社の業者に一括見積もりならコチラ☆


ズバット引越比較

ズバット引越比較

全国220業者を超える引越業者と提携している、無料比較見積りサービス。
利用者数400万人突破してる、人気の一括見積もりサービスです。
利用者の数が400万人突破の、人気の見積もりサービス。
比較することで引越料金を安くすることができます。
都道府県によって違いますが、こちらも最大10社へ一括見積り依頼できます。
ズバット引越比較
ズバット引越比較で安い引越

↑↑↑↑↑
引越し料金を一括で見積り比較


引越達人セレクト

引越達人セレクト

有名な引っ越し会社の価格を一括見積り比較できるサービス。
参加している引越し会社は60社以上。
見積もり価格を比較することで、引越の値段が最大55%も違うこともあります。
キャンペーン機関にはプレゼントもあるので見に行ってみては?
引越達人セレクト
引越達人セレクトの一括比較

↑↑↑↑↑
引越見積料金を比較

引越しは引越屋さんを利用する方法と、レンタカーを予約する方法がある

引越しをする場合は、今まで住んでいた場所にある荷物を新居に持って行く必要があります。
家具付きの賃貸等に住んでいる人の場合は、自分の洋服とか日用品等を運ぶだけで済むという事も多く、この場合はそれ程沢山の荷物にはならない場合も珍しくありません。
知り合い等に依頼する事が出来れば、レンタカーを借りてそれに荷物を積んで運ぶという事もできます。
この方法の大きなメリットは、引越しの費用自体を大幅に安くする事が出来るという事です。
ただ荷物を運ぶのはプロではない為、どうしてもうまく設置できない事があったり、新居に傷をつけてしまったりする事もあるので注意が必要です。

引越屋さんに依頼するのも便利な方法です。
プランは色々とありますが、荷物だけを運んで貰う事もできるし、梱包等もしてもらう事が出来ます。
自分がどのような引越しをしたいのか、どれくらいまでは作業を負担する事が出来るのか、予算はいくら位かと言う事等から利用するプランが変わってくる為、業者に見積もりを出してもらう時に相談する必要があります。
この方法のメリットは手軽だという事と、荷物に対する保証があるという事です。
ただ費用は自分たちで運ぶ時に比べると少々高額になってしまう場合も少なくありませんが、引越屋さんによっては早期予約特典として割引サービスを展開している所もアリ、そういうサービスを利用すると実際の引越しの費用から何%か割り引かれた価格となる為お得です。

引越屋さんに予約して引越すかレンタカーを借りるか

引っ越しをする時には、引越屋さんに頼む方法と、自分でレンタカーを借りて行う方法があります。
レンタカーを借りて自分で行った方が安くできることが多いですので、自分の力で行おうと考える人もいますが、その人によっては引越屋さんに頼んで引越たほうがいい場合があります。
どちらがいいかは荷物の量によって決めるようにしてもいいでしょう。
例えば、一人暮らしの場合で、家具も電化製品も一切ないという場合には、自分でレンタカーを借りて行うようにしてもいいでしょう。
段ボールに入れた荷物だけであれば自分で持ち運びをすることも出来ます。
家具付きの賃貸などを借りる場合には、自分の家具を運び込む必要がありませんので、重たい思いをすることもありませんし、壊れて高く痛という事もないでしょう。
段ボール数個分しか荷物がない人は、レンタカーで十分引越せるはずですので、引越屋さんに依頼するほどでもないでしょう。
しかし家具屋電化製品がたくさんある場合には、引越屋さんに依頼をする方が確実ですので予約を入れることです。
万が一新居に傷でもつくような事になれば、引越早々暗い気持ちになってしまう事でしょう。
それでは明るい気持ちで新生活をスタートすることが出来ませんので、無理はしない事です。
プロの業者であれば、しっかりと養生をして作業を進めてくれますので、新居に傷が入る心配も少なくなります。
どの程度の荷物があるかによって引越方法を決めるといいでしょう。